読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『けいおん!』大学編8(きらら)

先日「まんがタイムきらら12月号を入手。来月の劇場版公開に合わせて、原作版では久しぶりにHTT5人が揃ったイラスト+かきふらいさんのサイン入り色紙が同封されていました。

中央の唯がことのほか可愛く描かれています。澪は以外と幼い表情?
前回は澪幸フィーチャー回でしたが、今回スポットが当てられたのは吉井部長。
今までからちょくちょく顔を出していた方ですが、香奈というファーストネームも明らかになりました。そして相棒(?)の廣瀬さんともども、名前のネタ元はザ・イエロー・モンキーらしいです*1
名前以外では、部長さんたちのバンドが制服コスプレをやっていたことが判明しましたね。大学生の女子が(おそらく)高校時代の制服を持ちだしてステージに立つ意味がぼくには良く分からないのですが、入部直後のHTTが同じように制服姿でお披露目を飾ったことを考えると、何かしらの共通項を持たせようとしているのかも知れません。
いや、共通項というよりはむしろ「部長バンドが示唆するHTTの今後」かも知れないですね。
ところで前回は、

「女子大生(花)の命は短いのよ!おしゃれしたくてもできなくなる時が来るんだから!!」

という部長発言がありましたが、

「私も新入生に戻りたいなあ・・・」
「前から思ってたけど唯ちゃんってお肌キレイよね」
「えーい!若さ吸っちゃうぞー!」

今回は、唯に対してこんな言葉が投げかけられています。まあ「女の子がいつまでも若くキレイでいられるわけではない、自由にやりたいことをできるわけではない」というのは一般論的に正論なのですが、それをぶつける相手が唯だというのは興味深いところ。今までからして4人の中では唯が最もファッションや体型について悩みの少ないキャラクターでしたし、それでいてそこそこのルックスを保持していることは、同性から見て嫉妬の対象になりやすいのかも知れませんね。
まあ、演奏の面でも唯は高校時代から無自覚にスキルアップを果たしていますが、大学編では(誰もが一定の演奏技量を持っていることが前提になっているため)楽器のスキル関係が話題になりにくい状況を考えると、服装やルックスについては今後も話のネタになっていくと思います。
さて、いつのことになるか分かりませんが来るべき大学の文化祭では、新旧の制服バンドそろい踏みとなるのでしょうか。そうなれば、またしても澪はウエスト回りを気にしなくてはいけないですね(笑)。