読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊国神社周辺

京都国立博物館の北側には豊臣秀吉関連のスポットが(とりあえず見つけた限りでは)3つ集結していた。今回はササッと見回っただけなのでとりあえずメモ程度に。

豊国神社(とよくにじんじゃ)


境内の奥から笙の音色が聞こえてきたと思ったら、結婚式をやっていた。

方広寺


豊国神社の北隣にあるお寺。写真は有名な「国家安康・君臣豊楽」の文字が刻まれた鐘。件の文字が彫ってある場所を白色で囲んであるようだが、肉眼では文字をハッキリ確認できなかった。観光客の姿はまばらで敷地内は静かだった。

耳塚・鼻塚


大和大路通を挟んで豊国神社と方広寺の向かい側にある。朝鮮出兵の折に現地軍民の耳や鼻をそいで持ち帰ったものを供養しているところ。塚の手前に立てられた京都市による解説掲示には日本語とともにハングルの表記があった。塚の東側は「耳塚公園」で、幼い子供たちの遊び場になっている。