読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『氷菓』20話について。

以下、メモ的に。

  • 前話と同じく原作4冊目『遠回りする雛』からの短編。
  • 正月に神社を訪れたホータローと千反田さんがふとした手違いで納屋に閉じ込められる話。
  • 18、19話、そして今回もホータローと千反田さんが二人きりになるシークエンスの多いエピソード、三部作と言っても良いかな。

千反田さん

  • 今回の出で立ちは小紋。振袖は大学までお預けらしい。

  • 納屋に閉じ込められた際の表情。
  • 困惑、乗り気、恥じらい・・・とバリエーション豊か。
  • そういえば19話でも恥ずかしがる顔が出てきたけれど、今回もホータローとの関係性が前提になっているわけで、前話はうまい伏線になっていた印象。
  • 18話から、2人で図書館、部室、そして神社・・・知らない人が見たらカップルのようにも見えますし。

つまらないものですが

  • 千反田さんが自宅から持ってきたお酒を巫女さん(友達の十文字さん)に手渡す。
  • 酒瓶に巻かれたのし紙(?)によれば、千反田さんの父親は「鉄吾」という名前らしい(なんか怖そう)。

ホータロー「つまらないものですが・・・」
千反田さん「ふふっ、折木さん、それは私のセリフです」

  • 「つまらないものですが」といえば、けいおん映画版でりっちゃんのセリフ*1でもあり「私のセリフ」というのは中の人ネタとしても正解。

十文字さん

  • 文化祭では占い師だった十文字さんは落ち着いた感じの美人。蝶の髪留めが可愛いですね。
  • 柔和な人かと思えば、急に眼光が鋭くなったり、ドヤ顔になったり。

摩耶花

  • 千反田さん、十文字さんに負けず劣らず摩耶花も表情が豊かだった。
  • 左から順に、千反田さん、里志、ホータローに顔を合わせた時の表情。
  • 親しみ、はにかみ、憮然・・・ものすごく分かりやすい変化である。
  • 摩耶花は割と感情が顔に出るタイプなのかも知れない。

袋のネズミ

  • 織田信長お市の方から「小豆を入れて縛った袋」を受け取って自分が「袋のネズミ」だと悟ったエピソード。
  • 原作では、同じ『遠回りする雛』の「正体見たり」でも言及されている。アニメでは7話相当だが割愛されていた模様。
  • TV時代劇のエピソードを借用する形でホータローが里志に助けを求めるのは「里志なら分かってくれるはず」との期待感ゆえ。
  • そういえば、14話「ワイルドファイア」でもホータローが里志に薄力粉を投げ渡すくだりがあったけれど、2人の信頼関係を裏付けるエピソードとして共通性が見えるかも*2
  • 次回21話でも、ホータローと里志の関係性に焦点が当たるはずなので、そちらも注目したい。

遠まわりする雛 (角川文庫)

遠まわりする雛 (角川文庫)

*1:部室から出て行こうとする梓にクッキーを渡す場面。

*2:2人の関係性は、千反田さんにとっては分かりづらいところでもある。