読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊郷小学校・旧校舎群訪問

今月の11日と24日に、アニメ『けいおん!』の舞台モデルである豊郷小学校・旧校舎群を見てきました。京都にある自分の家からだと電車(地下鉄・JR・近江鉄道)を乗り継いで片道約2時間半。日帰りで行ける場所とはいえ半日仕事になりました。
作品に描かれた校舎内部を見てみるにあたって、せっかくの機会に漫然と中を歩いて回るだけではつまらないだろうと、事前にBDのキャプチャ(印象に残っていたのが2期の番外編26話でした)を撮っておいて、現場での撮影写真との見比べを試みました。
最初に断っておきますが、こうした撮影に慣れていないので撮った写真のアングルがキャプチャとずれております。見づらくてどうもすみません。

来年度の新歓ライブに向けて下級生が練習する部室を覗いてみようとする唯。階段を上がって正面にある音楽室の扉は、実際には両開きじゃないんですね。色ガラスを埋め込んだ格子模様の窓部分のデザインもアニメ版の創作のようです。また、階段を上がって右手にはアニメと同じく屋上に出られるドアがありますが施錠されていました。

部室の前まで来て逃げ帰る唯たちを見送る梓。踊り場にある採光用の窓の位置や大きさが違いますね。これを撮影した11日の昼間は快晴、外の光が白く映っていましたが、作品でも(夕暮れの時間帯にもかかわらず)同様に強い光が差し込んでいるようです。きっと「梓たちの行く先もまぶしく輝いてるぞ!」ということなのでしょう。

部室のある3階から、校舎を飛び出した先輩たちを眺める図。

梓たちの「ふわふわ時間」が終わったタイミングで校舎に向かってジャンプを決める4人。やっぱりこれは夕暮れ時に撮影しないとダメですね・・・

あと、2期1話や映画版に出てきたロケーションとして、教室のある棟から講堂につながる渡り廊下。舞い散る桜の花びらとセットで記憶しています。
ぼくの撮影テクがしょぼいのも事実ですが、実際には作品描写と比べて桜の木が廊下と離れていたり、スロープがこしらえてあったり、いろいろと配置が異なるので、同じアングルで撮るのは難しいと思います。でも、桜の咲く季節にもういちど訪問したいですね。

先ほどふれた音楽室ですが、24日訪問時には、有志によるけいおんナンバーの演奏を聞くことができました。
映画上映中ということもあってか「U&I」のラスト近くでキーボードの人がジャンプを連発したり「ごはんはおかず」のシメにボーカルの人が「スカイハイ!」を決めたり、劇中のネタ再現もやってくれるなどサービス精神旺盛でした。ライブというほど構えた感じではなく、気心の知れた仲間同士でにこやかな和気藹々としたムードを醸していて良かったです。たぶん、HTTの子たちも部室ではこのように和やかな練習やリハーサルをしていたんだろうなと思いました。

訪問の帰りに寄った玉屋(うどん屋さん)。飛び出し女子高生・憂バージョンが目印になっています。
店内には着物姿の澪など美少女イラストのポスターが多数貼ってあって目を引きましたが、BGMがアニソンとかそういうわけではなく落ち着いた雰囲気でした。寒い中を歩いて回ったので天ぷらうどんが温かくておいしかったです。
今までから一度は見てみたいと思いつつなかなか訪問できなかった豊郷小学校ですが、映画鑑賞の余勢も駆っていい機会だったと思います。実際に校舎内を目の当たりにしてから作品を再見するとまた違った印象が残るようです。
今日の部室(けいおんの舞台 豊郷小学校旧校舎群) 豊郷小学校旧校舎群見学に関して
上記サイトには、訪問するにあたっての情報が豊富で参考になりました。